DFFOO速報2018年6月新キャラ追加:「アグアリス」イベント【オペラオムニア】

DFFOO速報2018年6月新キャラ追加:「アグアリス」イベント【オペラオムニア】 ディシディアFFオペラオムニア攻略情報
スポンサーリンク

DFFOO(ディシディアファイナルファンタジーオペラオムニア)では6月に参戦するキャラが発表となりました。

断章ではパロムとマリアが参戦し、イベントではロックとアグアリスが参戦となります。

断章キャラはEX武器とレベルキャップ解放が実装され復刻となるため、今までの評価を一新するものとなっています。

イベントキャラはロックはすでにキャラのグラフィックまで見えていますが、アグアリスはシルエットだけです。ただラムザと浅からぬ関係ということで、アグアリスで間違いないでしょう。

アグアリスはラムザと同じファイナルファンタジーシリーズであるFFタクティクスに登場するキャラです。

この記事ではDFFOOで6月に参戦することが決定したアグアリスの評価、情報について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

DFFOO 6月参戦 アグアリスとは

アグアリスはファイナルファンタジーに登場するキャラであり、作中のヒロインキャラといってもいいと思います。ファンからの人気も高いキャラで今回の参戦がかなり喜ばれていますね。

DFFOOで扱うことになる武器はになると思います。
そしてクリスタルは白です。

アグアリスは原作ではホーリーナイトというジョブになっているため、クリスタルと武器種に関しては簡単に予想ができてしまいますね。ただレベルキャップ解放で、白2が解放となりましたよね。

最近ではデュースのクリスタルも白でした。

このままではかなりの白のクリスタルが必要となるため、イメージとは違いますが、大人の事情でクリスタルが白以外になる可能性もありそうです。

スポンサーリンク

DFFOO アグアリスのアビリティ

不動無明剣

原作はもちろんですが、FFRK、FFBEでも登場しているキャラであるアグアリスは共通してこのアビリティが使用可能です。

不動無明剣は攻撃をしながら敵をストップさせるという効果をもつアビリティです。

DFFOOでも行動順を止めることが可能なデバフもあるため、こちらが何ACTION動くまで、行動不能という画期的なデバフが実装されるかもしれません。

乱命割殺打

乱命割殺打も原作で主に使われていたアビリティです。

効果としては攻撃を行いながらデバフを付与するものとなっており、DFFOOでも実装可能なアビリティです。

多段HITのBRV攻撃+デバフ+HP攻撃となれば、強力なアタッカーとして活躍する可能性も十分にあるといえるでしょう。

無双稲妻突き

こちらも原作でメインアビリティとして使われていたものになります。

効果としてもデバフと攻撃という能力となっています。無双稲妻突きでは沈黙、麻痺効果が付与できたためDFFOOでも似たバフが付与できる可能性があります。

麻痺が付与できればDFFOOではクラウドと2人となってしまい、アグアリスが強ければ、クラウドの居場所がなくなる可能性もありますね。

スポンサーリンク

DFFOO アグアリスの相性武器

ディフェンダー【TC】

アグアリスの相性武器としてディフェンダーが実装されるのではないかと思います。

ディフェンダーはDFFOOでもフリオニールが持っていますし、可能性が高いです。

FFRKではディフェンダーを持つことで、無双稲妻突きが使用可能になるので、アビリティ性能を高める武器として実装されそうですね。

セイブザクイーンはEX武器?

ファイナルファンタジーシリーズの中でも、レア度が高く、ラグナロク、エクスカリバーと同じクラスにある剣としてセイブザクイーンという武器があります。

アグアリスはそのセイブザクイーンを扱うことができるため、EX武器として実装される可能性が高いです。

アグアリスは武器より、専用防具の方が種類が多いため、セイブザクイーンのような時期尚早の武器をコロッと出してしまう可能性もあります。

そうなると、エクスカリバーやラグナロクといった武器も実装しなければならなくなり、伝説の剣が何本あるんだということにもなっちゃいますけどね。

スポンサーリンク

DFFOO アグアリスの情報まとめ

今回は6月に参戦するキャラ「アグアリス」について紹介させて頂きました。

FFTCはファイナルファンタジーでは珍しいシュミレーションRPGなんですよね。

特殊なFFシリーズということでなじみがない、知らない人も多いシリーズだと思います。シュミレーションRPGと歴代のFFシリーズは全く別物ですからね。

ただ世界観はしっかりとFFです。

アグアリスに関しても、人気のあるキャラなのは間違いないですし、人気がでるにはしっかりとした理由があります。この機会に知らないFFシリーズに触れているみるのもいいかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました