DFFOO:アーティファクト紹介!ライトニングにはどんなAFを持たせるべき?

DFFOO:アーティファクト紹介!ライトニングにはどんなAFを持たせるべき? ディシディアFFオペラオムニア攻略情報
スポンサーリンク

DFFOOで一番の苦行と言われているのがアーティファクト掘りですね。

アーティファクトはキャラに新たなパッシブ効果を付与できるアイテムとなっており、ファイナルファンタジーでいうアクセサリーに近い感じのアイテムです。

アーティファクトは同じレアリティ、同じキャラのものを3つ合成することで上限突破が可能となり、最大レベルにすることで新たなパッシブ効果を得ることができます。

アーティファクトはキャラごとに3個までしか残せず、しかもレアリティの高いものは出現率がかなり低いです。

赤文字がレアリティが一番高いものなのですが、目当てのパッシブではなかったり、一つの能力が低かったりとまさに苦行なのです。

この記事ではDFFOOでも人気キャラであるFF13のキャラ、ライトニングのおすすめのアーティファクトを紹介したいと思います。

ライトニングの特性と合わせて紹介しますので、攻略の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

DFFOO ライトニング

素早さが高いアタッカー

ライトニングはアビリティがどちらも行動負荷が低く、連続行動をしまくるキャラとなっています。

ただ素早さゆえに、攻撃力が少し低いというのが気になる点でもあります。

組み合わせとしてはBRV+HP攻撃とBRV攻撃となっているので、思い通りの立ち回りは行いやすいと思います。

通常攻撃も強力なキャラ

ライトニングはHP攻撃、BRV攻撃ともに+状態にすることができ、アビリティの使用回数を抑えることも可能となっています。

火力が低い分、とっておきの技は最後まで取っておきたいですからね、最初にアビリティを2つ使えば、強化状態の攻撃が可能なので、最初が肝心と言えますね。

攻撃性能を上げるアーティファクト

ライトニングはアタッカーです。

アーティファクトには防御力、HPなどを上げるものもありますが、ライトニングに必要なステータスは最大BRVや攻撃力といった攻撃に直結する能力です。

加算やサポート性能がないので、目的もわかりやすいと言えますね。

スポンサーリンク

DFFOO ライトニングのアーティファクト

連閃パワー 
連閃」の与えるBRVダメージを○%アップ
スパークブロウパワー
スパークブロウ」の与えるBRVダメージを○%アップ
ブレイクブースト
自身が敵をブレイクした時、1ACTION最大BRVを○%アップ
バフガードアップ
自身に強化効果が付与されている時、自身の防御力を○%アップ

上記がライトニング特有のアーティファクトとなっており、○%に入る数字は星1つ★で2%、星2つ★★で5%アップとなっているので、星2つ★★がねらい目となります。

ライトニングは優秀なパッシブがないのが欠点と言えますね。ティナなどのようにトランスでパラメータを上昇させることが可能となって、それを強化するアーティファクトがあれば評価は上がります。

今後のレベルキャップ解放などで上限が70になれば、女神の騎士というパッシブ効果が得られるのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

DFFOO ライトニングにおすすめのアーティファクト

連閃パワー星2つ★★ 攻撃力+108

ライトニングにとって一番のおすすめの組み合わせは連閃パワー星2つ★★と攻撃力+108です。連閃はライトニングのメインのアビリティといっても過言ではなく、多くのBRVを削った後にHP攻撃を行うアタッカー性能の高いアビリティとなっています。

そして攻撃力+108をセットすることで、ライトニングの攻撃が全て強化されるので有効な一撃が可能といえるでしょう。

スパークブロウパワー 攻撃力+108

ライトニングに次のおすすめのアーティファクトがこちらになります。

スパークブロウは行動負荷が低い、雷属性のBRV攻撃となっています。雷属性ということでDFFOOでは汎用性が高いのもおすすめできる点と言えますね。

攻撃力+108に関しては、上記アーティファクトの理由と同じになります。

スポンサーリンク

DFFOO ライトニングのアーティファクトまとめ

今回は人気キャラでもある、ライトニングのアーティファクトについて紹介させて頂きました。

アーティファクトはキャラに新たな能力をつけることが可能となっており、付与されているかどうかで評価は大きく変化します。

 

特に攻撃力の低いライトニングのようなキャラにとって星2つ★★や攻撃力+108はかなり重要なパラメータとなっています。

状況によっては攻撃力+108が一番強いということもあるので、第一に考えたいアーティファクトはステータスを強化できるものともいえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました