DFFOO:アーティファクトを強化するとキャラが覚醒し重要なステータスとなる!

DFFOO:アーティファクトを強化するとキャラが覚醒し重要なステータスとなる! ディシディアFFオペラオムニア攻略情報
スポンサーリンク

DFFOOでは、キャラの強化方法が様々にあります。

単純にキャラのレベルを上げること、そしてクリスタルの覚醒レベルをあげること、武器、専用武器を強化することなどがありますよね。

そしてDFFOOで一番苦労する強化方法がアーティファクトの強化です。

アーティファクトは同じレアリティ、キャラのものをそろえることで上限レベル16まで強化することができ、MAX状態にすることで様々なパッシブ効果が得られるようになるのです。

 

ただアーティファクトは種類も多く、効率よく獲得できる機会も限られているため、まさに苦行と言われている強化方法なのです。

でもできれば、いいアーティファクトを入手したいですよね。

この記事では、キャラにおすすめのアーティファクトを紹介したいと思います。

アーティファクトの強化で迷っている、どんなパッシブで強化を終えたらいいかわからないという人は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

DFFOO アーティファクトは文字色が赤色を狙う

アーティファクト、強化

アーティファクトを選別する基準としてまず、条件として文字が赤色の強化パッシブを選ぶ必要があります。赤色の文字はパッシブ性能として、その種類の最強の効果を表す基準となっているのです。

HP1020
初期BRV170
最大BRV330
攻撃力108
防御力126
CP5

アーティファクト、強化

様々な種類があるアーティファクトですが、基準とするものはキャラによって違ってきます。簡単に言うと、アタッカーには攻撃力が上がるもの、回復キャラには回復力が上がるものとなります。

ですがアタッカーといえど攻撃力だけを求めるのではなく、アビリティ強化★★を求めることもありますし、パッシブ効果★★を求めることもあります。特にノクティスはこの選択肢がユーザーによって変わることも多々あります。

アタッカーは全体的に攻撃力だけを気にすればいいですが、問題なのはサポーターキャラですね。キャラごとに3つまでアーティファクトを保存することができますが、サポーターはキャラごとに全く違うものをそろえる必要があります。

例えばBRV供給といっても、初期BRVに依存するもの、最大BRVに依存するもの、攻撃力に依存するものがあります。この依存する値を基準としてアーティファクトを選別する必要があるといえるでしょう。

スポンサーリンク

DFFOO アーティファクト集めはイベントを待つことがベスト

アーティファクト、強化

キャラを完全体にするということはアーティファクトの赤文字2つを3つそろえるということだと私は思っています。私も幻獣武器、専用武器EX、相性武器、専用武器のパッシブ化をすべて終えているキャラはヴァン、スコール、クラウドといるのですが、アーティファクトが完璧ではないため、完全体になっているとは思っていません。

ただ急いでアーティファクトを集めることを私はおすすめしません。

幻獣界でいつでもアーティファクトを入手することは可能となっていますが、一人のキャラのアーティファクトを集めるには通常開催されているダンジョンでは効率的に集めることはできません。レア度の高いアーティファクトを確実に入手するにはSPを60も消費してしまいますからね。ただでさえ、自分の目当てのアーティファクトを入手するには時間がかかるので、それ以上に難易度を上げる必要はありません。

アーティファクトを集めるタイミングとしては、恩恵キャラ時に開催されるアーティファクトの晄で対象キャラになっているときのみです。

SPを無駄にしないためにも効率的にアーティファクトを集めるようにしましょう。

スポンサーリンク

DFFOO アーティファクト強化まとめ

今回は、DFFOOで最も苦行ともいえるアーティファクト強化について紹介させて頂きました。

おすすめするアーティファクトについて紹介させて頂きましたが、初期ダウンロードでイベントを一回を逃したこともなく、パーフェクトクリアでDFFOOを楽しんでいる私でも、赤文字2つのアーティファクトを3つそろえているキャラはいません!

私自身がめんどくさがりというのが一番の大きい要点ですが、それだけ入手難易度は高いと思っていたほうがいいです。

今回紹介したおすすめのアーティファクトを強化によって手に入れるには、根気だけが必要です。クエスト事態は難しくありませんし、強いスコールさえいれば3ACTIONで終わりますからね。

苦行と言われているアーティファクト強化ですが、頑張った分、それだけの効果を得られる可能性はあるので、根気がある方は頑張ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました