アナザーエデン キャラクエスト少し紹介!苦手な仲間も好きになる!

アナザーエデン キャラクエスト少し紹介!苦手な仲間も好きになる! アナザーエデン攻略情報
スポンサーリンク

ゲームをしていて、普通のクエストの、黄色のシンボルマークの他に、青いクエストのシンボルマークを見たことはなかったでしょうか?

ストーリーを進め、夢見の館から次々と仲間を集めると、そのうち沢山見かけるようになると思います。

上記の写真は、その青いシンボルマークからでてきたクエスト、仲間のヤヅキという元空賊がいると発生するクエストです。

その一部始終とキャラクエストってどんなものなのか、追って見ていきましょう。

スポンサーリンク

キャラ『ヤヅキ』と主人公との初めての出会いは何?

これは、…ストーリー絡めて説明すると、主人公のアルドが、夢見の館から出てきたヤヅキと出会ったことで、仲間になりました…以上!

これ以上言ってしまえば、要はガチャをやったらヤヅキというキャラがでてきた、それだけなのです。

スポンサーリンク

クエスト前の予備知識『ヤヅキ』ってどんなキャラ

これは、ステータスのアビリティボードの名前のタブから、設定を読むのが一番いいです。

ざっくり説明すると、未来には空賊団が栄えていた時期があったのだけれど、今では廃れて、ヤヅキのいた空賊団も解散したそうです。

ヤヅキは義賊で、気風のいいお姉さんです。

スポンサーリンク

アナデン キャラクエストのシーンを一部紹介

上記の写真のセリフだけではわかりにくいかもしれませんが、ヤヅキは空賊に誇りを持っていた様子。今でも、空賊だった自分を好きみたいですね。空にあるのは自由のみ!ここ、もしヤヅキが仲間なら覚えておいてくださいね。このクエストでの終わりに、すごく関連のある、大事なシーンにつながります。

 

こうやって、『アナデン』のキャラクエストに触れていくと、好きなキャラはより好きに、好きではないキャラもなぜか好きになるかもしれない、クエストとは大事なものなのです。普通のクエストだっていいのばかり揃っているし、外伝もののクエストだってやりがいあるし、やりこみ要素の多いゲームです。

 

戦闘も、もしヒーラー役がいなくても、アタッカー4人とリザーブ2人で、いかに戦闘を攻略するかという、難易度の高いものに仕上がっているし、イベントも沢山、素材集めて装備を整えるなど、本当にやること色々あります。

 

そんな中で、自分の好きなキャラのクエスト、あるいは、好きになるきっかけかもしれないクエストが存在するのは、プレイヤーとしては嬉しい限りです。

 

キャラクエストといっても、『アナザーエデン』の普通のクエストと変わらず、やることは似たりよったりではあるのですが、ストーリーを楽しむのをメインでやってみたいですね。もちろん、報酬も期待ですが。

スポンサーリンク

アナザーエデン キャラクエスト クリア後は…

先ほどのキャラクエストクリア後でも、もちろんいくつか次のキャラクエストが残っています。ヤヅキの場合は、上記のステータス画面を見てみると、解放条件として、

  • メインストーリー11章クリア
  • レベル30達成
  • ☆4以上

と、なっています。メインストーリーは、この時点で11章はクリアしていますし、レベルも30以上です。残念なのは、☆3なのです。ヤヅキを☆4に上げる方法は、二つあります。

1つは、夢見の館でもう一度、ヤヅキをガチャで出して、キャラクターを進化させること。

もう1つは、アナザーダンジョンで手に入る書を集めて、次元のはざまでキャラクターを進化させてもらう。

両方のやり方がありますが、完全に運任せなのは、前者。後者は、時間はかかるけど、比較的確実な方法です。

次のキャラクエストやるためならば、アナザーダンジョンは外せませんね。

 

スポンサーリンク

アナザーエデン キャラクエストまとめ

  1. 『アナザーエデン』には黄色いシンボルマークのノーマルクエスト以外に、仲間がいると発生する、その仲間特有の『キャラクエスト』が存在する。
  2. 『キャラクエスト』のシンボルマークは青。なお、パーティに出ていない状態だと、シンボルマークに×印がついて現れる。パーティに出せば、クエスト可能になる。
  3. 『キャラクエスト』は、そのキャラにまつわるストーリーが始まる。そのキャラに愛着が持てるようになるので、やってみよう。
  4. 『キャラクエスト』には解放条件があって、それを達成できていないと発生しない。解放条件はステータスの『クエスト』タブにある。

『アナザーエデン』は、大体のキャラにクエストがくっついています。

仲間になったキャラのこと、よく知るためには外せないクエストです。

メインストーリーだけが楽しみではないところが、シナリオ製作者の熱が伝わってきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました